本田圭佑、なぜ敬礼ポーズ? 岡崎が明かす、話題ゴールパフォーマンスの真相

貴重な同点弾を決めた本田が岡崎と“敬礼ポーズ”が話題になっている【写真:Getty Images】
貴重な同点弾を決めた本田が岡崎と“敬礼ポーズ”が話題になっている【写真:Getty Images】

W杯セネガル戦、貴重な同点弾を決めた本田が岡崎と“敬礼ポーズ”を披露して話題

 日本代表は現地時間24日、ロシア・ワールドカップ(W杯)グループリーグ第2戦のセネガル戦で2-2と引き分けた。後半27分から出場し、同33分に貴重な同点弾を叩き込んだMF本田圭佑だが、ゴール直後に敬礼ポーズを披露。FW岡崎慎司と喜びを爆発させたが、話題となっているそのゴールパフォーマンスはなぜ生まれたのか――。

【PR】J.ZONE PLUSがサッカー視聴を進化させる!DAZN無料登録実施中!

 前半11分に先制点を献上した日本は、同34分に乾の同点弾で追いつくも、後半26分にセネガルに2点目を決められ再びリードを許してしまう。直後の後半27分、MF香川真司に代わって本田が出場すると、その6分後の同33分にFW大迫勇也のクロスからこぼれ球を拾った乾がリターンパス。最後は本田が左足で蹴り込み、そのまま2-2のドローで終えている。

 2010年W杯から3大会連続ゴールを叩き込んだ本田は、舌を出しながらおどけるようにピッチを走って喜びを表現。すぐさまチームメイトたちに囲まれ、もみくちゃ状態となった。歓喜の抱擁を交わした後、最後に岡崎と向かい合った本田は、おもむろに右手を顔に当てて敬礼ポーズを見せている。

「やろうとは言ってなかったんですけど……」

 そう明かしたのは、本田とともに敬礼ポーズを披露した岡崎だ。予定外だったというゴールパフォーマンスだが、長年ともに戦い続けてきた二人は阿吽の呼吸で華麗な連係を見せつけている。ゴール直後、本田がその場で岡崎に提案していたという。「圭佑がそうやって言ってきたので」と舞台裏を語っている。

【PR】世界中の珠玉のプレーが今ここに。ヨーロッパサッカー見るならDAZN!無料登録はこちら

page1 page2 page3

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング