H組の“陰の主役”はポーランド!? GL敗退決定も地元紙が「日本の命運を握る」と指摘

ポーランドは、欧州出場国でグループリーグ敗退第一号となってしまった【写真:Getty Images】
ポーランドは、欧州出場国でグループリーグ敗退第一号となってしまった【写真:Getty Images】

コロンビアに敗れ、欧州出場国でグループリーグ敗退第一号に

 ポーランドは現地時間24日、ロシア・ワールドカップ(W杯)グループリーグ第2戦でコロンビアに0-3で完敗し、今大会の敗退が決定した。ポーランド紙「Gazeta.pl」は「我々の旅は終わった」としつつも、グループHにおけるキャスティングボートを握っていると報じている。

【PR】J.ZONE PLUSがサッカー視聴を進化させる!DAZN無料登録実施中!

 互いに初戦黒星スタートとなったポーランドとコロンビアの一戦は、コロンビアのワンサイドゲーム。前評判の高かったポーランドは、まさかの欧州出場国でグループリーグ敗退第1号になってしまった。記事では、「すでに我々の旅は終わりを迎えた。もはや何かを変えられる立場にない」とした一方で、こう見解を示している。

「しかし、次なるステージを見据える日本の命運は、ポーランドとの試合が握っている。これに加えてセネガル対コロンビアの結果次第では、日本かセネガルが去る可能性もある。一つ言えるのは、ポーランドはW杯最後の試合に向け、名誉と勝利のために戦うことになる。この試合は、日本、セネガル、コロンビアのどこかが我々とともに去る鍵を握っている」

 32年ぶりの決勝トーナメント進出は、世界的ストライカーのFWロベルト・レバンドフスキをもってしても果たせなかった。失意に暮れる古豪は、ロシアW杯最後の試合で意地を見せられるだろうか。

【PR】世界中の珠玉のプレーが今ここに。ヨーロッパサッカー見るならDAZN!無料登録はこちら

(Football ZONE web編集部)

page 1/1

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング