GK東口、川島の“痛恨パンチミス”で結果論強調も… 「キャッチしたら良かった」

東口は、川島の“痛恨パンチミス”で結果論を強調するも…【写真:Getty Images】
東口は、川島の“痛恨パンチミス”で結果論を強調するも…【写真:Getty Images】

W杯第2戦セネガル戦、前半11分に川島のパンチミスから先制点献上

 日本代表は現地時間24日、ロシア・ワールドカップ(W杯)グループステージ第2戦セネガル戦で2-2と引き分けた。前半11分に先制点を決められた場面でGK川島永嗣が犯したパンチングミスについて、GK東口順昭が「結果論」と前置きしながらも、「キャッチしたら良かったとなる」と見解を示している。

【PR】J.ZONE PLUSがサッカー視聴を進化させる!DAZN無料登録実施中!

 日本は前半11分、右サイドからのクロスをファーサイドのMF原口元気がクリアしきれず、DFユースフ・サバリにシュートを許した。これをGK川島がパンチングで処理しようとしたが、クリアしきれずに詰めていたFWサディオ・マネに当たってゴールイン。序盤で相手にリードを許す展開となった。

 痛恨のミスは海外メディアからも注目を浴びたが、試合後に川島を含めたGK陣とGKコーチで話し合いもしたと東口が明かしている。「キーパーコーチとGK陣でどうしたら良かったのかというのは、もちろん話し合いはあった」としながら、問題の場面について次のように触れた。

 あくまで「結果論」と強調しつつも、「GK目線的には、目の前にいたヤツが足を出してきて触るという想定をしたら……パンチングで触ったボールに(相手が)触れる状態を作るのはGK目線的にはあり得ること。結果的にはキャッチしたら良かったとなる」と口にしている。試合後には直接、川島と言葉を交わしたようだ。

【PR】DAZNの画質がクリアーに!生だけでなく、見逃し配信も各試合お楽しみに!

page1 page2

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング