「お粗末な失点」 川島の痛恨ミスを英メディア酷評「有能なGKならキャッチしていた」

GK川島の痛恨ミスを英メディアが酷評【写真:Getty Images】
GK川島の痛恨ミスを英メディアが酷評【写真:Getty Images】

パンチングミスでの失点に元プレミア選手も厳しい視線

 ロシア・ワールドカップ(W杯)グループHの第2戦が現地時間24日に行われ、セネガルが日本から奪った前半11分の先制ゴールの場面で、GK川島永嗣が犯したパンチングミスについて、海外メディアが「有能なGKならキャッチしていた」などと厳しい視線を送っている。

 日本は前半11分、右サイドからのクロスをファーサイドのMF原口元気がクリアしきれず、DFユスフ・サバリにシュートを許した。これをGK川島永嗣がパンチングで処理しようとしたが、クリアしきれずに詰めていたFWサディオ・マネに当たってゴールイン。序盤で相手にリードを許す展開となった。

 英公共放送「BBC」の試合速報ページでは、川島のプレーに厳しい視線が送られている。元エバートンMFレオン・オスマンは、「日本のGKエイジ・カワシマの衝撃的なプレーだ」「彼はサディオ・マネの膝に向かってパンチングした」と酷評した。

 その他にも「日本のお粗末な失点」、「パンチングするよりはキャッチするほうが簡単だったのでは?」、「日本のキーパーはパンチングという馬鹿げた決断をした。有能なGKならキャッチしていたよ」などと辛辣なコメントが並んだ。

 川島がかつて所属したスコットランド1部ダンディー・ユナイテッドでプレーしていたことから、現地ファンの反応についても取り上げられているが、「ダンディー・ユナイテッドファンのツイッター上の反応は、決して驚いていないようだ」と、川島のミスは想定内だと考えられているようだ。

(FOOTBALL ZONE編集部)

page 1/1

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング

  1. 「これがレベル差」 セルジオ越後氏&松木安太郎氏、ブラジル戦「日本のベスト選手」で意見一致「パラグアイ戦であんなにいたのに」

  2. 森保ジャパン、ベテラン2選手へ「代表レベルではない」「そろそろ世代交代してもいい」…酷評の声多数【読者評価】

  3. 「悲劇」「恐ろしい光景」 インドネシアサッカーリーグで大暴動、120人超死亡の大惨事に海外衝撃「子供も犠牲者に」

  4. 「上手い」「すごかった」 久保建英、B・シウバ彷彿の圧巻キープ→“ヌルヌル”ドリブルで相手置き去りに驚き

  5. 「私服かっこいい」 セルティック古橋亨梧、同僚2人&女子2選手とミュージカル満喫報告に「素晴らしい夜」

  6. 「とにかく美しい」 フランス代表の新ユニフォーム流出、“ネイビー×ゴールド”のシンプルデザインを海外絶賛「控えめで上品」

  7. 英雄パク・チソンが語るアジアの成長 「抜きんでている」と評した2人は?

  8. 「年間オウンゴール大賞!」 日本人MF、まさかの“衝撃ループ”に海外騒然「信じられない」

  9. 日本代表トリオに明暗…「キャリア最高」「感銘的」「猛省すべき」選手は? 英記者がアメリカ戦の先発11人を採点

  10. 「即買いだ」「美しい」 イングランド新アウェーユニフォーム、“襟付き&レッド復活”の流出デザインを海外絶賛