「日本は決して死なない」 伊メディアが西野Jの粘りを評価、最高点は柴崎と本田

セネガル戦でゲームを組み立てた柴崎は本田と並ぶ「7点」の評価を得た【写真:Getty Images】
セネガル戦でゲームを組み立てた柴崎は本田と並ぶ「7点」の評価を得た【写真:Getty Images】

本田と柴崎、乾を称賛 パンチングミスを犯した川島が「5点」評価

 日本代表は現地時間24日のロシア・ワールドカップ(W杯)グループリーグ第2戦でセネガルと2-2で引き分けた。イタリアのサッカー専門サイト「カルチョメルカート・コム」は、1ゴール1アシストを記録したMF乾貴士と、ゲームを組み立てたMF柴崎岳、同点ゴールのMF本田圭佑を絶賛。一方で、GK川島永嗣は酷評された。

 日本は前半11分に川島がまさかのパンチングミスで失点。それを前半34分に乾のゴールで追いつき、後半に勝ち越しゴールを許したものの、途中出場の本田が同点弾を決めて引き分けに持ち込んだ。

 記事では、「日本は決して死なない。ホンダが同点ゴール」と見出しを打ち、「イヌイはクロスとゴールの喜び、柴崎はなんて選手だ」と伝えた。

 選手採点では柴崎と本田の「7点」が最高点で、乾は「6.5点」だった。他にもDF酒井宏樹と西野朗監督が「6.5点」。及第点の「6点」が並ぶなかで、MF原口元気は「5.5点」とやや低く、そして川島は「5点」がつけられた。

【PR】マルチ試合観戦スタイルJ.ZONEがサッカー視聴を進化させる!DAZN無料登録実施中!

page1 page2

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング