GK川島、失点を喫した“悪夢のパンチング”を分析 「想像していたようなプレーでは…」

前半11分に川島が痛恨のミスを犯した【写真:Getty Images】
前半11分に川島が痛恨のミスを犯した【写真:Getty Images】

前半11分、相手のシュートをパンチングで弾くもマネに当たって失点

 想像と違う結末だった。現地時間24日のロシア・ワールドカップ(W杯)グループリーグ第2戦の日本対セネガル戦(2-2)、前半11分にGK川島永嗣が19日の初戦コロンビア戦に続き、痛恨のミスを犯した。

「立ち上がりのところで自分のミスから失点してかなりゲームを厳しくしてしまった。チームメイトのおかげで引き分けまで来られたのは良かったと思う。前の選手が気になってしまった部分はありますけど、それにしても自分が想像していたようなプレーではなかった」

 右サイドからの低空シュートに川島はパンチングを選択したが、弾いた先は真正面。1メートル足らずの距離に相手エースのFWサディオ・マネが迫っており、ボールはマネを直撃してそのままゴールに吸い込まれた。

「試合はまだまだ時間もあったし、頭を切り替えないと、最後まで試合は分からない。気持ちは切り替えられたと思う」

 ミスの後は果敢な飛び出しやセービングを披露したが、GKは一つのミスが命取り。28日の最終戦で「最大の弱点」と報じていたポーランドメディアを見返すことができるだろうか。

【PR】マルチ試合観戦スタイルJ.ZONEがサッカー視聴を進化させる!DAZN無料登録実施中!

(Football ZONE web編集部)

page 1/1

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング