「死力を尽くした」 西野監督、2度のビハインドを覆した攻撃を評価「良い成長を出せた」

西野監督は、2度のビハインドを覆した攻撃を評価している【写真:Getty Images】
西野監督は、2度のビハインドを覆した攻撃を評価している【写真:Getty Images】

グループリーグ突破を懸けたポーランド戦へ「ただ勝ち切りたいだけ」

 ロシア・ワールドカップ(W杯)グループリーグ第2戦、現地時間24日の日本対セネガルは“西野マジック”が冴え渡った。

「勝ち切りたいゲームだったので死力を尽くしました。2度追いついたのは、チームが攻撃の部分で良い成長を出せた」

 日本代表の西野朗監督はセネガル戦を2-2で終えて冷静に振り返った。

 1-2と劣勢で迎えた後半27分、MF香川真司の代わりに本田圭佑を投入。そして、戦況が動かないと見るや、3分後にMF原口元気に代わってFW岡崎慎司を送り込み、システムを4-2-3-1から4-4-2に変更した。

 すると後半33分、相手GKのミスを突いてゴール前でチャンスを作ると、本田が同点弾を決めた。西野監督は「人も変え、ポジションも変えと変化がないと崩れないと思っていた。圭佑が良く決めてくれた」と3大会連続ゴールの本田を称えた。

 28日のグループリーグ第3戦の相手はポーランド。FIFAランキング8位の強豪だが、「ただ勝ち切りたいだけです」と必勝の決意を固めていた。

【PR】DAZNの画質がクリアーに!生だけでなく、見逃し配信も各試合お楽しみに!

(Football ZONE web編集部)

page 1/1

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング