コロンビア撃破の深夜、長友と香川はプールで何を話したのか? 「真司とちょっと…」

長友(左)が香川と反省会を行ったことを明かした【写真:Getty Images】
長友(左)が香川と反省会を行ったことを明かした【写真:Getty Images】

コロンビア戦直後にベースキャンプ地カザンへ移動、長友が香川との会話を明かす

 日本代表は19日のロシア・ワールドカップ(W杯)グループリーグ初戦コロンビア戦で2-1と勝利した。2014年ブラジルW杯で1-4と惨敗した相手にリベンジを果たした形だが、DF長友佑都は試合日の夜、MF香川真司と部屋や深夜のプールで4年越しの反省会を行なったと明かしている。

【PR】J.ZONE PLUSがサッカー視聴を進化させる!DAZN無料登録実施中!

 コロンビア戦は、開始3分に相手MFカルロス・サンチェスがハンドの判定で一発退場となり、そのプレーで得たPKをMF香川真司が決めて先制。しかし前半39分、相手にFKを叩き込まれて1-1のまま後半に突入した。緊迫したムードのなか、後半28分にMF本田圭佑の左CKからFW大迫勇也が決勝のヘディング弾を叩き込み、日本が2-1と勝利を収めている。

 現地時間15時キックオフのコロンビア戦を終えて、日本代表は試合日にベースキャンプ地のカザンへ舞い戻った。「昨日ここ(カザン)に帰って来て、真司とちょっと部屋でいろいろ話をしたり、リカバリーでプールに行ったりとかした」と、試合日夜の状況を説明したのは長友だ。コロンビア戦で1ゴールを決めた香川については「彼もまず勝ったことに対して喜びは感じていた」という。だが、二人とも気を引き締め直し、「それよりも次勝たないと意味ないよ、という危機感のほうが強い」という意見で一致していたようだ。

「あとは4年前のコートジボワール戦に負けた後の感情、思い出が巡ってきて、それを深夜のプールで、二人で話し合いながら……リカバリーも兼ねてですけど」

【PR】世界中の珠玉のプレーが今ここに。ヨーロッパサッカー見るならDAZN!無料登録はこちら

page1 page2

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング