ピルロ、7月のニューヨーク・シティFC電撃移籍浮上

来年1月予定が前倒し。ニューヨークでバカンス中のマエストロは交渉急転か

 ユベントスのMFアンドレア・ピルロが米・メジャーリーグサッカー(MLS)のニューヨーク・シティFC(NYFC)に電撃移籍する可能性が浮上している。イタリア地元紙「ガゼッタ・デロ・スポルト」が報じている。
 36歳のピルロは、2016年6月でクラブとの契約が満了を迎える。しかし、現在米・ニューヨークでオフシーズンを過ごしており、NYFCの本拠地でもあるヤンキースタジアムでMLBヤンキースの試合を観戦する姿が電光掲示板で紹介されていた。来年1月にニューヨーク・シティへ移籍する方向で交渉が進んでいると報じられていた。
 一方、ピルロはこの夏の移籍を望んでおり、7月12日に予定されているNYFC対トロントFC戦で元イングランド代表MFフランク・ランパードらと共にプレーする可能性が浮上した。
 4連覇を果たしたユベントス、そしてデビューから輝きを放ち続けた母国イタリアでのプレーは今季で見納めとなってしまったのかもしれない。マエストロはどのような決断を下すのだろうか。

【了】

サッカーマガジンゾーンウェブ編集部●文 text by Soccer Magazine ZONE web

ゲッティイメージズ●写真 photo by Getty Images

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング