ロシアW杯の“イケメン選手10傑”を独自選出 日本代表アタッカーも堂々エントリー

世界各国の“イケメン選手”を独自にセレクト

 初の東欧開催となるロシア・ワールドカップ(W杯)が開幕し、激闘が繰り広げられている。4年に一度の祭典に世界中の人々が熱い視線を送るが、最高峰の選手たちが見せるプレーはもちろん、“イケメン度”を見るのも楽しみの一つ。「FOOTBALL ZONE web」では、女性編集部員の厳しい審査の下、出場32カ国・全736人の中から厳選した“イケメンTOP10”を紹介する。ぜひ、今大会の見どころとして参考にしてほしい。

人気、実力、性格の三拍子揃った文句なしの“王道派”

【エントリーNO.1】
クリスティアーノ・ロナウド(ポルトガル代表/FW/レアル・マドリード)

クリスティアーノ・ロナウド【写真:Getty Images】
クリスティアーノ・ロナウド【写真:Getty Images】

<PROFILE>
言わずと知れた現代屈指のゴールマシン。今季は2018年に入ってゴールを量産し、最終的に公式戦44試合44得点をマークした。レアルをUEFAチャンピオンズリーグ(CL)3連覇に導き、今大会の結果次第では単独トップとなる6度目のバロンドール受賞も現実味を帯びてくる。1985年2月5日生まれ、185センチ・80キロ。

<ZONE女性編集部員の一言>
「実力も兼ね備え、性格も良い。天は二物、三物与えるのね、という文句なし王道イケメン!」

プレーとは対照的なベビーフェイスがかわいい“弟系”

【エントリーNO.2】
ハメス・ロドリゲス(コロンビア代表/MF/バイエルン)

ハメス・ロドリゲス【写真:Getty Images】
ハメス・ロドリゲス【写真:Getty Images】

<PROFILE>
 西野ジャパンがグループリーグ初戦で対戦するコロンビア代表のエース。4年前のブラジルW杯でも日本戦で1得点1アシストをマークするなど、大ブレイクを果たした。前回大会は得点王にも輝いており、史上初となる2大会連続のゴールデンブーツを視野に入れる。1991年7月12日生まれ、180センチ・75キロ。

<ZONE女性編集部員の一言>
「ベビーフェイスがかわいい、弟系イケメン」

母性をくすぐる“おちゃめ&やんちゃ系”

【エントリーNO.3】
ネイマール(ブラジル代表/FW/パリ・サンジェルマン)

ネイマール【写真:Getty Images】
ネイマール【写真:Getty Images】

<PROFILE>
 王国ブラジルの背番号10を担う絶対的エース。2017年夏にバルセロナからフットボール史上最高額の移籍金290億円でパリ・サンジェルマンに新天地を求めた。天性のテクニックを武器に、クリスティアーノ・ロナウド、リオネル・メッシを継ぐ次世代のバロンドーラーとして期待が寄せられている。1992年2月5日生まれ、174センチ・68キロ。

<ZONE女性編集部員の一言>
「おちゃめ&やんちゃな感じが母性くすぐられちゃう系イケメン」

【PR】世界中の珠玉のプレーが今ここに。ヨーロッパサッカー見るならDAZN!無料登録はこちら

page1 page2 page3

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング