「なんだよ、この人」 槙野智章、かつての“喧嘩”を告白 今や「成長できた」と感謝

槙野(左)がハリルホジッチ前監督とのエピソードを明かした【写真:Getty Images】
槙野(左)がハリルホジッチ前監督とのエピソードを明かした【写真:Getty Images】

アプローチの距離1cmを詰めるのに数年 「見てろよ」の反骨心が成長の糧に

 日本代表は現地時間12日に国際親善試合パラグアイ戦に臨むなか、DF槙野智章はある恩人と「喧嘩することもあった」と明かしつつ、「でも実際そう言ってくれたり、映像を作ってくれて成長できた部分も正直ある」と感謝の言葉を口にしている。

【PR】J.ZONE PLUSがサッカー視聴を進化させる!DAZN無料登録実施中!

 西野朗新体制の初陣となった5月30日の国際親善試合ガーナ戦(0-2)に続き、8日の同スイス戦(0-2)と2試合連続フル出場を果たした槙野。3バックと4バックの両方に対応するユーティリティ性や対人プレーの強さを買われ、西野監督からも高い評価を得ている。

 そんな槙野が「ディフェンダーにとってのアプローチの距離」の重要性を力説。「詰めれば詰めるほどリスクもある。僕にとって1cm、2cmを詰めるのに数年かかりました」と振り返っている。「詰めることによって、身体に当たったり、ボールを奪えたり、逆に抜かれたりもある。たかが1cmかもしれないけど、詰めるのに数年かかった」というが、その後押しをしてくれたのがこれまで携わった指導者だという。

 その中の一人として、バヒド・ハリルホジッチ前監督の名前も挙げている。「僕は褒めて伸びるタイプではあるものの、ダメな映像とかで怒られ、『見てろよ』と思ったのが詰めることにつながった」という。反骨心が成長の糧になったという槙野。「そこで喧嘩することもあった」と、一つのエピソードを語っている。

【PR】世界中の珠玉のプレーが今ここに。ヨーロッパサッカー見るならDAZN!無料登録はこちら

page1 page2

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング