西野ジャパンに何が欠けているのか? 長友の苦言に原口も同意「その通り」

西野ジャパンに対する長友(左)の苦言に原口も同調した【写真:Getty Images】
西野ジャパンに対する長友(左)の苦言に原口も同調した【写真:Getty Images】

長友が「走りの意識」の希薄さを指摘、原口も主張「一人ひとりがもっと走らないと」

 日本代表は現地時間12日に国際親善試合パラグアイ戦に臨む。8日の国際親善試合スイス戦で0-2と完敗を喫し、DF長友佑都がチームに苦言を呈したなか、FW原口元気も「その通り」と同意。西野ジャパンに欠けているものを改めて主張した。

 スイス戦で敗れた後、長友は「何度も言っていますが、走る部分をもう一度、みんなが意識を持つべきだと思う」と指摘。サッカーのベースとなる“走り”が西野ジャパンに希薄だと持論を展開した。

 長友は前線の選手についても触れ、「僕が映像を見ているなかでは、ここは絶対スプリントで前に行かないといけないだろうというところで、全然行けてないと感じたというのが率直な意見です」と本音を吐露している。

 そうした意見に同調したのが原口だ。「その通りだと思います。今のサッカーは、本当にスプリントしないと点が取れない」と口にしており、暗に西野ジャパンの“スプリント不足”を認めている。

 ただし原口は「でも……」と続け、「一人がスプリントしても意味はないので、行くという時に本当全員で行くような攻撃をしたほうがいい。そのメリハリは大事」と付け加えた。

 もっとも原口自身はスプリントを弛みなく続けており、むしろチームに推進力をもたらしている一人である。だからこそ、もどかしさもあるのかもしれない。

「一人ひとりがもっと走らないといけない」

 冷静なトーンのなかに思いを込めた原口の言葉は、今の日本代表に足りないものを物語っている。

【PR】世界中の珠玉のプレーが今ここに。ヨーロッパサッカー見るならDAZN!無料登録はこちら

(Football ZONE web編集部・大木 勇 / Isamu Oki)

page 1/1

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング