西野ジャパンは「無気力だった」 韓国紙が“不安感”に襲われる日本の苦しい現状を分析

韓国紙が“不安感”に襲われる日本代表の苦しい現状を分析している【写真:Getty Images】
韓国紙が“不安感”に襲われる日本代表の苦しい現状を分析している【写真:Getty Images】

西野体制で2連敗、公式戦でも3連敗の低調ぶりを韓国紙が指摘

 日本代表は現地時間8日の国際親善試合スイス戦で0-2と完敗した。4-2-3-1を採用してFW本田圭佑をトップ下で起用するなど、初陣となった5月30日のガーナ戦の0-2敗戦を受けてさらなるテストを行ったが、突きつけられた現実は厳しいものとなった。同じくアジア勢としてロシア・ワールドカップ(W杯)に出場する韓国のメディアは、「無気力だった」「パラグアイ戦が希望を与える最後のチャンス」と報じている。

【PR】J.ZONEがサッカー視聴を進化させる!DAZN無料登録実施中!

 スイス戦で4-2-3-1システムをテストした日本は、大迫勇也が1トップ、本田がトップ下に入り、2列目左に宇佐美貴史、右に原口元気を起用。2ボランチに長谷部誠と大島僚太、最終ラインは左から長友佑都、槙野智章、吉田麻也、酒井高徳が並び、最後尾に川島永嗣という陣容で臨んだ。

 大迫が相手との接触で腰を負傷し、前半40分にFW武藤嘉紀と途中交代するアクシデントが発生。直後に酒井がドリブルで突破され、吉田が相手を倒してPKを献上し、5月30日のガーナ戦に続き先制点を奪われた。後半に入るとMF乾貴士、MF柴崎岳、MF香川真司らを続けて投入するも、なかなかゴールは生まれない。そして後半37分、中盤で相手にボールを奪われると、左右に揺さぶられてFWハリス・セフェロヴィッチに決められ、0-2で敗れた。

 ロシアW杯初戦のコロンビア戦まで残り時間が少ないなか、収穫の乏しいゲームとなったが、韓国紙「スポーツソウル」も「Aマッチ3連敗の低調…代表監督交代後の勝利なし」との見出しを打って、日本の戦いを分析している。

【PR】初月は無料期間! DAZNの見逃し配信で最新試合をチェック!

page1 page2 page3

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング