「苦難の山」 西野Jのスイス戦零封完敗を海外酷評「ゴールを脅かすことなく…」

西野Jのスイス戦完敗を海外メディアが報じた【写真:Getty Images】
西野Jのスイス戦完敗を海外メディアが報じた【写真:Getty Images】

大迫のアクシデントに加え、攻守の歯車が噛み合わずに無念の敗戦

 日本代表は現地時間8日、スイス代表と親善試合を行い、0-2で完敗を喫した。守備の要であるDF吉田麻也がPKを献上。攻撃陣もFW大迫勇也が負傷交代を余儀なくされ、決定的なシーンも作れなかった不安の残る内容に、海外メディアは「苦難の山」と報じている。

 4-2-3-1システムを採用した日本は前半40分、大迫が相手選手との接触で腰を痛めてFW武藤嘉紀と途中交代するアクシデントに見舞われた。さらにその直後には、右サイドを崩されると、吉田がPKを献上。これをスイス代表DFリカルド・ロドリゲスに決められ、1点ビハインドで前半を終えた。

 後半10分にMF乾貴士、同25分にはMF柴崎岳、同31分にはMF香川真司と攻撃のカードを切るも流れは変えられず。逆に後半37分、中盤でのボールロストから左右に揺さぶられ、最後はスイス代表FWハリス・セフェロヴィッチに追加点を許して0-2で完敗した。

 衛星放送「FOXスポーツ」アジア版は、「日本はスイス戦の敗戦で苦難の山」と見出しを打って速報。「ケイスケ・ホンダ、ユウヤ・オオサコ、ゲンキ・ハラグチでスタートし、シンジ・カガワ、ヨシノリ・ムトウ、ガク・シバサキを投入したにもかかわらず、サムライブルーはゴールを脅かすことはなかった」と攻撃陣が不発に終わったことに触れている。

 記事では、昨年12月に行われたE-1選手権の韓国戦から5試合勝利なし、直近10試合で見てもわずか2勝というデータを紹介。19日のロシア・ワールドカップ初戦となるコロンビア戦に向けて不安を残したことを伝えている。

【PR】世界中の珠玉のプレーが今ここに。ヨーロッパサッカー見るならDAZN!無料登録はこちら

(Football ZONE web編集部)

page 1/1

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング