ネイマールが断言、今年のFIFAバロンドール受賞はメッシで決まり

半年を残した現時点でも太鼓判

 バルセロナのブラジル代表FWネイマールが、2015年のFIFAバロンドール受賞者は、同僚のアルゼンチン代表FWリオネル・メッシで既に確定したと断言している。スペイン地元紙「AS」が報じている。
 セレソンのエースは、チリで行われている南米選手権初戦ペルー戦で1得点1アシストの活躍を見せた。そしてFIFAの制定する2015年の世界年間最優秀選手に、まだ6カ月を残した現段階で同僚のメッシで決まりだと断言している。
「今年のバロンドールは既に受賞者が決まっているよ。メッシが今年達成したことすべてから彼が受賞にふさわしい」
 メッシは10年、11年、12 年と3年連続で受賞したが、13年と14年はレアル・マドリードのポルトガル代表FWクリスティアーノ・ロナウドの後塵(こうじん)を拝し、2位となっている。ネイマールは、メッシが12年以来の受賞の大本命だという。
 リーガ得点王こそレアル・マドリードFWクリスティアーノ・ロナウドに譲ったが、リーガ、国王杯、UEFAチャンピオンズリーグの3冠を達成。メッシ、スアレス、ネイマールのMSNと呼ばれる3トップは年間合計122得点を記録。史上最強3トップの評価も手にしている。
 ネイマールは、「僕がトップ3に入れるか、見てみよう」と語る。バロンドールは3人のノミネートから受賞者が発表されるため、ネイマールは候補者入りに意欲を燃やしていた。
【了】
サッカーマガジンゾーンウェ ブ編集部●文 text by Soccer Magazine ZONE web
ゲッティイメージズ●写真 photo by Getty Images

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング