「絶対にピッチに立ちたい」 技巧派MF平川怜が抱く“地元”東京五輪への熱き思い

U-17日本代表では森山監督から「チームの心臓」と絶大な信頼を受けた平川【写真:Getty Images】
U-17日本代表では森山監督から「チームの心臓」と絶大な信頼を受けた平川【写真:Getty Images】

世界を体感した昨年のU-17W杯 「埋められないほど、とてつもない開きではない」

 FC東京のMF平川怜は、東京五輪世代の最年少グループに当たる2000年生まれの技巧派ボランチだ。U-17日本代表では森山佳郎監督(現U-16日本代表監督)から「チームの心臓」と絶大な信頼を受け、17年10月のU-17ワールドカップ(W杯)でもMF久保建英(FC東京)、FW中村敬斗(ガンバ大阪)、DF菅原由勢(名古屋グランパス)らとともに主軸を担ったが、次なる目標の一つが「東京出身の選手にとって特別」と語る自国開催の五輪。「絶対にピッチに立ちたい」と、2年後の大舞台から逆算したビジョンを膨らませている。

 平川にとって、世界との邂逅は刺激の連続だった。昨年インドで行われたU-17W杯では3試合に先発出場し、フランスやイングランドとの試合で欧州強豪国のプレーを肌で体感した。なかでも、大会初優勝を飾ったイングランドは強く印象に残っているという。

「日本では体験できないようなプレッシャーを感じました。イングランドはフィジカルが強く、速くて、しかも上手い。三拍子揃っているというか、現代サッカーに一番大事なものを全て兼ね備えているチームでした」

 しかし、平川はすぐに「でも…」と言葉を続ける。

「イングランド戦はPK(0-0/3PK5)に持ち込んで、あと一歩で勝てたかもしれないというところまで勝負できた。世界との差は感じましたが、現時点で埋められないほど、とてつもない開きではないと思っています」

【PR】サッカー観るならDAZN! 今なら1カ月無料で体験可能!

page1 page2

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング