W杯ホスト国ロシアを沈めるキャプ翼“ツインシュート弾”が話題「見事に欺かれた」

オーストリア代表のゴールが「キャプテン翼」のツインシュートを彷彿させると話題を呼んでいる(写真はイメージです)【写真:Getty Images】
オーストリア代表のゴールが「キャプテン翼」のツインシュートを彷彿させると話題を呼んでいる(写真はイメージです)【写真:Getty Images】

オーストリアの決勝ゴールは2選手が同時に蹴り込む一撃でキャプテン翼を彷彿

 ロシア・ワールドカップ(W杯)開催まで残り2週間に迫った。今大会でホスト国を務めるロシア代表だが、31日に行われた国際親善試合のオーストリア戦は0-1と敗れ、本番に向けて不安を残す結果となった。一方で、この日の決勝点となったオーストリア代表のゴールが日本の人気漫画「キャプテン翼」のツインシュートを彷彿させると話題を呼んでいる。

 スコアが動いたのは前半28分。右サイドを突破したウェストハムのFWマルコ・アルナウトヴィッチが切り返してボックス内に侵入すると、マイナス気味にグラウンダーのクロスを供給。中央で構えていたシャルケMFアレッサンドロ・シェプフがステップ合わせて右足を振り抜く。

 しかし、そのタイミングで走り込んできていたSKシュトゥルム・グラーツのMFピーター・ジュリも左足で合わせにかかり、二人とも同時に蹴り込む偶発的なツインシュートが誕生し、ボールは綺麗にゴール右へと突き刺さった。

 チリ専門メディア「ReGol」は「2選手が同時に叩き込むゴールでオーストリアがロシアを沈める」と見出しを打って特集。メイン写真にはオーストリアのゴールシーンに、キャプテン翼に登場するツインシュートの名場面の画像を貼り付け、その類似性を強調した。

 また、欧州情報メディア「ユーロニュース」も、この一連のプレー動画を公式YouTubeチャンネルで公開。コメント欄では「鮮烈な一撃だ」「結局どちらが蹴ったんだ?」「見事に欺かれた」など話題を呼ぶことになった。

 キャプテン翼は海外でも依然として人気を博しており、なかでも有名な名場面を思い起こさせるワンシーンに、ファンも心が沸き立った模様だ。

【PR】世界中の珠玉のプレーが今ここに。ヨーロッパサッカー見るならDAZN!無料登録はこちら

page1 page2

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング