ファルカオは1年ローンでチェルシーへ? 元同僚クルトワも太鼓判

かつての2トップ復活も

 コロンビア代表FWラダメル・ファルカオの去就は、どうやらプレミア王者の一員となることで決着がつきそうだ。これにはアトレチコ時代の同僚ティボー・クルトワも歓迎している。英地元紙「ガーディアン」が報じた。
 ファルカオは今季、1年間ローンで加入した、マンチェスター・ユナイテッドで26試合出場4得点に終わった。チェルシーは、このストライカーへの興味を失っていない。英地元紙「テレグラフ」によれば、1年間のローンで合意は間近と伝えられている。
 チェルシーにはクルトワをはじめ、DFフィリペ・ルイス、FWディエゴ・コスタとアトレチコ時代の同 僚が所属しているのも大きな強みとなるかもしれない。2012-13シーズン、アトレチコでファルカオ(34得点)とD・コスタ(20得点)の2人は合わせて公式戦54得点を記録。ファルカオ自身も2人の共演をイングランドでも望んでいると伝えられた。
 元チームメートのクルトワは「ファルカオのことはよく知っている。彼は本当に素晴らしい人間だ。良き友人でもある。彼が来てくれたら最高だ。これはクラブが決めることだが、チェルシーにとって素晴らしい補強になるはずさ」と語っており、獲得に太鼓判を押した。
 ジョゼ・モウリーニョ監督もファルカオへの興味は認めている。ひざの負傷でW杯を棒に振るなど、苦しい1年を過ごしたが、希代の名将のもとで復活を遂げることができるだろうか。
【了】
サッカーマガジンゾーンウェブ編集部●文 text by Soccer Magazine ZONE web
ゲッティイメージズ●写真 photo by Getty Images

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング