神戸加入のイニエスタ、来日した「3日間の驚くべき日々」の動画をSNSで公開し反響

神戸加入のイニエスタ、来日した「3日間の驚くべき日々」の動画をSNSで公開し反響【写真:AP】
神戸加入のイニエスタ、来日した「3日間の驚くべき日々」の動画をSNSで公開し反響【写真:AP】

スペイン紙も報じるなど、世界規模の“インフルエンサー”の威力を発揮

 ヴィッセル神戸に加入したスペイン代表MFアンドレス・イニエスタは、日本で行われた入団発表会見やウェルカムパーティーなどの予定をこなし、3日間の滞在を終えてバルセロナへと戻った。その様子を収めた映像を自身のSNSで発信しており、バルサ贔屓で知られるスペイン地元紙「ムンド・デポルティーボ」も特集している。

【PR】J.ZONE PLUSがサッカー視聴を進化させる!DAZN無料登録実施中!

 年俸32億円とも言われるビッグディールは、スペインでも大きく注目されているが、イニエスタは「3日間の驚くべき日々を過ごし、バルセロナへと戻りました! 本当にありがとうございます!!!」とのメッセージとともに、1分21秒の動画を配信している。

 それは今回の神戸移籍に大きく携わった楽天の三木谷浩史代表取締役会長兼社長との握手から始まり、プライベートジェット内でともにワインを楽しむ様子、そして数多くのメディアが詰めかけた入団発表会見、日本の伝統料理である寿司に舌鼓を打ち、背番号8のユニフォームに袖を通し、ウェルカムイベントに登場した様子を凝縮している。

 これに対して同紙は「バルセロナへの帰国後、ラマンチャ出身のMFは3日間の日本での日々をまとめた動画を共有した。それは彼が受けた温かな歓迎のもので、バルサのスポンサーで新加入のヴィッセル会長であるヒロシ・ミキタニが彼の契約のカギを握っていた」と、今回の移籍劇についても説明している。

 イニエスタはツイッターで現在、約2322万人ものフォロワーを持っている。日本サッカーならびに日本文化を発信する存在として、Jリーグは“世界最強のインフルエンサー”を手に入れたと言っていいだろう。

【PR】マルチ試合観戦スタイルJ.ZONEがサッカー視聴を進化させる!DAZN無料登録実施中!

page1 page2

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング