元ブラジル代表FWパト、不変の“ミラン愛”と復帰願望 「アタッカーに僕はどうだい?」

古巣であるミランへの復帰願望を明かしたパト【写真:Getty Images】
古巣であるミランへの復帰願望を明かしたパト【写真:Getty Images】

退団後にクラブの財政難が悪化して低迷「このような状態のミランを見るのは悲しい」

 天津権健の元ブラジル代表FWアレシャンドレ・パトは、先日ミラノで行われた元イタリア代表MFアンドレア・ピルロの引退試合に出場。イタリア紙「ガゼッタ・デロ・スポルト」のインタビューで、今も“ミラン愛”を持ち、復帰オファーがあれば応じたい意向を語っている。

 パトはミランと2007年夏に契約を結び、18歳になった08年1月から5年に渡ってプレー。その間、負傷離脱を繰り返しながらもゴールも量産し、ミランのアタッカー陣の一角として君臨した。同時にシルビオ・ベルルスコーニ会長の娘バルバラとの熱愛などピッチ外での話題も振りまき、様々な意味で存在感も放っていた。

 2013年1月に母国コリンチャンスに移籍したのを最後にミランからは離れ、現在は中国でプレー。パトが去ったのとほぼ時を同じくしてミランは財政難が顕著になり、低迷を続けてきた。今季は開幕前に2憶ユーロ(約260億円)の大型補強をしたが、シーズン当初は波に乗れず。ジェンナーロ・ガットゥーゾ監督を内部昇格させ、なんとか来季のUEFAヨーロッパリーグ(EL)出場権を確保してシーズンを終えた。

 パトはミランの現状について「このような状態のミランを見るのは悲しいが、忍耐が必要。サポーターは常にミランが全てを勝ち獲るクラブという目で見る。しかし、今のミランはトップに戻るためにいろいろなことを変革している。ELに出場するのは最初の一歩だよ。ガットゥーゾと契約延長したのは正しい選択だと思う」と話した。

【PR】世界中の珠玉のプレーが今ここに。ヨーロッパサッカー見るならDAZN!無料登録はこちら

page1 page2

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング