アーセナルがエメリ新監督の就任を発表! 「偉大なクラブに加わり興奮している」

アーセナルの新監督に就任することが発表されたエメリ氏【写真:Getty Images】
アーセナルの新監督に就任することが発表されたエメリ氏【写真:Getty Images】

スペインきっての戦術家を、ベンゲル長期政権の後継者に指名

“ポスト・ベンゲル”の座はスペインきっての戦術家に託された。アーセナルは現地時間23日に、公式サイトで来シーズンの監督にウナイ・エメリ氏(現パリ・サンジェルマン/PSG監督)が就任することを発表。「私は偉大なクラブの一つに加わることに興奮している」など、本人のコメントも紹介している。

 アーセナルは1996年の就任以来、22シーズンにわたってアーセン・ベンゲル監督が指揮を執ってきた。2003-04シーズンにはプレミアリーグ無敗優勝の偉業を成し遂げるなど攻撃サッカーで一時代を築き上げたものの、近年は熾烈なタイトル争いを繰り広げてきたマンチェスター・ユナイテッドやチェルシー、さらに強化を図ったマンチェスター・シティ、リバプール、トットナムの後塵を拝し、今季限りでベンゲル監督が去ることに。復権を期し、後継者として指名されたのがエメリ監督だ。

 同監督はバレンシアなどリーガ・エスパニョーラで着実に実績を残し、セビージャ時代にはUEFAヨーロッパリーグ3連覇を達成するなど戦術家として評価され、2016年夏にPSGの監督に就任した。ただブラジル代表FWネイマールやウルグアイ代表FWエディンソン・カバーニら各国スターの人心掌握には課題を残し、UEFAチャンピオンズリーグ制覇を成し遂げられず批判の目も向けられていた。

 新指揮官はアーセナルの公式サイトで、以下のコメントを発表している。

「私は偉大なクラブの一つに加わることに興奮している。アーセナルはプレースタイル、若手選手への影響、素晴らしいスタジアム、クラブの運営術などで世界中で知られ、愛されているクラブだ。私はアーセナルの歴史の中で、重要で新たなチャプターを始める責任が与えられたことにとても興奮しています。アーセナルを愛する皆さんに、特別な瞬間と記憶を残せることを楽しみにしています」

 アーセナル、そしてエメリ監督ともに巻き返しを図りたいという立ち位置にあって、2018-19シーズンは再出発の1年となる。

【PR】世界中の珠玉のプレーが今ここに。ヨーロッパサッカー見るならDAZN!無料登録はこちら

(Football ZONE web編集部)

page 1/1

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング