「この賞は本当に特別」 リバプールFWサラー、自身初のプレミア得点王に万感の思い

リバプールFWサラーは、自身初のプレミア得点王に輝いた【写真:Getty Images】
リバプールFWサラーは、自身初のプレミア得点王に輝いた【写真:Getty Images】

ブライトン戦で今季リーグ戦得点数を「32」に伸ばし、ケインとのデッドヒートを制す

 リバプールは現地時間13日のプレミアリーグ最終節でブライトンと対戦し、エジプト代表FWモハメド・サラーの先制弾などで4-0と快勝した。今季リーグ戦ゴール数を「32」に伸ばしたサラーは、自身初の得点王を獲得。「この賞は本当に特別だ。非常に誇りに思う」と喜んだ。英紙「デイリー・メール」が報じている。

 リーグ最終戦に臨んだサラーは前半26分に得意の左足で先制ゴールを奪い、元イングランド代表FWアラン・シアラー、ポルトガル代表FWクリスティアーノ・ロナウド(現レアル・マドリード)、ウルグアイ代表FWルイス・スアレス(現バルセロナ)の三人が保持していた31得点のリーグ記録を更新。3年連続得点王を狙っていたトットナムのイングランド代表FWハリー・ケイン(30得点)との争いを制して、初のゴールデンブーツに輝いた。

 今季はプロサッカー選手協会(PFA)の年間最優秀選手賞を筆頭に、CAFアフリカ年間最優秀選手賞やフットボールライターズ協会(FWA)年間最優秀選手賞などを獲得してきたが、「得点王」の称号には、その他の個人賞とは少し違う思いがあったようだ。

 同紙によれば、サラーは試合後、英衛星放送「スカイ・スポーツ」のインタビューに次のように答えたという。

「この賞は本当に特別だ。非常に誇りに思っているよ。いつも僕の心の中には英国で成功するという思いがあった。素晴らしいシーズンを過ごすことができたと思う」

 公式戦で計44得点を記録しているサラーは、現地時間26日に今季ラストゲームとしてUEFAチャンピオンズリーグ決勝(レアル戦)に挑む。充実のシーズンを最高の形で終わらせるためにも、チームを勝利に導くゴールを奪いたいところだ。

【PR】世界中の珠玉のプレーが今ここに。ヨーロッパサッカー見るならDAZN!無料登録はこちら

page1 page2

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング