ブンデスリーガが愛される理由 ドイツ人ファン証言「優勝争いに緊張感はないけど…」

“バイエルン一強”でも、ドイツ人ファンにとってブンデスリーガは「魅力的なリーグ」だという【写真:Getty Images】
“バイエルン一強”でも、ドイツ人ファンにとってブンデスリーガは「魅力的なリーグ」だという【写真:Getty Images】

バイエルンが残り5試合を残して6連覇、“一強時代”も「十分に魅力的なリーグ」

 今季のブンデスリーガも、5月12日に開催される第34節の1試合を残すのみとなった。来季のUEFAチャンピオンズリーグ(CL)とUEFAヨーロッパリーグ(EL)出場権を巡る争いや、残留争いが最終節までもつれている一方、バイエルン・ミュンヘンは4月7日の第29節アウクスブルク戦(4-1)で、5試合を残して早々とリーグ6連覇を決めた。

 まさに“バイエルン一強”の今、ドイツ人ファンにとってブンデスリーガはどこまで魅力的なのだろうか。そのあたりを私の周囲にいる友人たちに尋ねてみると、テレビ放映権を重視した月曜日開催への疑問や、収入格差について苦言を呈する声などが寄せられた。

 だが、批判的な見解ばかりではない。地元の強豪チームの育成で長年指導者を務めているカールは、現状のブンデスリーガで魅力的な部分も挙げてくれた。

「まあ優勝争いに緊張感はないな。それは確かだ。でもブンデスリーガは、十分に魅力的でモダンなリーグだよ。若くて将来性のある選手が多いし、攻撃的でハイスピードなサッカーが楽しめるからね。これだけの若手選手が起用されているリーグはそうはない」

 例えば4月21日に行われた第31節のドルトムント対レバークーゼンの一戦でも、MVP級の活躍を見せたドルトムントのU-19イングランド代表FWジェイドン・サンチョ(18歳)をはじめ、アメリカ代表MFクリスティアン・プリシッチ(19歳)やレバークーゼンのU-19ドイツ代表MFカイ・ハベルツ(18歳)、ジャマイカ人FWレオン・ベイリー(20歳)といった若手が、躍動感あふれる素晴らしいプレーを見せていた。どのクラブからも若手がどんどん出てきているのは、リーグにとってポジティブな現象であるのは間違いない。

【PR】世界中の珠玉のプレーが今ここに。ヨーロッパサッカー見るならDAZN!無料登録はこちら

page1 page2 page3

中野吉之伴

1977年生まれ。武蔵大学人文学部欧米文化学科卒業後、育成層指導のエキスパートになるためにドイツへ。地域に密着したアマチュアチームで様々なレベルのU-12からU-19チームで監督を歴任。2009年7月にドイツ・サッカー協会公認A級ライセンス獲得(UEFA-Aレベル)。SCフライブルクU-15チームで研修を積み、2016-17シーズンからドイツU-15・4部リーグ所属FCアウゲンで監督を務める。『ドイツ流タテの突破力』(池田書店)監修、『世界王者ドイツ年代別トレーニングの教科書』(カンゼン)執筆。最近はオフシーズンを利用して、日本で「グラスルーツ指導者育成」「保護者や子供のサッカーとの向き合い方」「地域での相互ネットワーク構築」をテーマに、実際に現地に足を運んで様々な活動をしている。

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング