日本代表とW杯初戦で激突するハメス 完全復活の要因は老将ハインケスの“コミュ力”

ハメス完全復活は、ハインケス監督の“コミュ力”が要因だという【写真:Getty Images】
ハメス完全復活は、ハインケス監督の“コミュ力”が要因だという【写真:Getty Images】

バイエルンでリーグ戦6得点10アシスト、CLレアル戦でも輝き放つ

 バイエルンはUEFAチャンピオンズリーグ(CL)準決勝レアル・マドリード戦で、2戦合計3-4と惜敗を喫したものの、第2戦で存在感を示したのはコロンビア代表MFハメス・ロドリゲスだ。昨季までの古巣レアルの本拠地サンチャゴ・ベルナベウで追撃のゴールを決める活躍を見せたが、ブンデスリーガ公式サイトはバイエルンで復活を果たしたハメスを特集。その主な要因に、チームを率いる老将のコミュニケーション力があったのだという。

【PR】ブンデスもDAZN!最終盤、CL・EL圏内に残るチームはどこだ!初月、無料登録実施中!

 バイエルンは第2戦、レアルFWカリム・ベンゼマの2得点もあり苦しい展開に。しかし後半18分にハメスがゴールを決め、試合を最後まで緊迫したものとした。得点後は昨季まで所属したレアルファンに気遣い、喜びのパフォーマンスを控えたハメス。とはいえ、そのプレーパフォーマンスは自身がいまだワールドクラスであることを示すものだった。

 昨季まで所属したレアルではジネディーヌ・ジダン監督の信頼を得られず、ローテーション要員にとどまった。そこでレアル加入1年目に師事したカルロ・アンチェロッティ氏率いるバイエルンに新天地を求めたが、同氏は2017年9月に解任。ハメスにとって“苦境再び”と見られたが、後任である72歳のユップ・ハインケス監督との関係を構築できたことは大きかったようだ。

「彼は選手に対して多くのことを話しかけてくれる監督だったんだ。それは僕にとっても、すごくポジティブなことだったんだ」

【PR】世界中の珠玉のプレーが今ここに。ヨーロッパサッカー見るならDAZN!無料登録はこちら

page1 page2

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング