レアル新監督就任が濃厚なベニテス ビダル、ベラッティの獲得を要求か

ベニテス体制の補強第一号へ

 レアル・マドリードの新監督就任が決定的なラファエル・ベニテス監督は、来季中盤の強化として、ユベントスのチリ代表MFアルトゥーロ・ビダルと、パリ・サンジェルマンのイタリア代表MFマルコ・ベラッティの獲得を要求している可能性が浮上している。スペイン地元紙「マルカ」が、「ベニテスはビダルの大ファン」と報じている。
 レアルはユベントスのフランス代表MFポール・ポグバ獲得のオファーを出したことを完全に否定したが、週明けにもレアルの新監督就任が濃厚となっているベニテス監督は中盤の補強を急務としている。ポグバの同僚のビダル、そ して、スター軍団PSGの中盤で存在感を発揮するベラッティの獲得を要求しているという。
 レアルは、ドイツ代表MFサミ・ケディラを移籍金ゼロでユベントスに放出するなど、今季UEFAチャンピオンズリーグ準決勝で敗れた相手とのオフの関連性も少なくない。プレミア強豪アーセナルと移籍合意とも伝えられるビダル、そして、ベラッティがベニテス体制の補強第1号となるのだろうか。
【了】
サッカーマガジンゾーンウェブ編集部●文 text by Soccer Magazine ZONE web
ゲッティイメージズ●写真 photo by Getty Images

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング