“新生日本代表”に海外紙注目 「先発11人」大胆予想…課題は「若い才能の融合」

(左から)森重、本田、清武【写真:Getty Images】
(左から)森重、本田、清武【写真:Getty Images】

監督の電撃交代について「W杯で大きな野心を持っている証」と分析

 暦も5月に入り、ロシア・ワールドカップ(W杯)開幕まで1カ月半を切った。世界各国のメディアで様々な展望企画が実施されるなか、サッカー新興国のベトナムメディアもW杯出場国紹介を行っているが、日本について「少なくともベスト8の目標を掲げなければならない」とし、FW本田圭佑(パチューカ)とFW岡崎慎司(レスター)をスター選手に挙げている。

【PR】J.ZONEがサッカー視聴を進化させる!DAZN無料登録実施中!

「日本 ワールドカップ2018:サムライブルーは今は異なる」

 このように見出しを打って取り上げたのは、ベトナム紙「Thanh Nienh」だ。

 特集の冒頭では、バヒド・ハリルホジッチ氏から西野朗新監督に交代したことに言及。「これは日本が2018年のW杯で大きな野心を持っている証だ」とし、「日出ずる国のフットボールは次のロシア・ワールドカップで突破口を開くだろう」と展望している。

「日本代表は世界レベルにチームを引き上げることにフォーカスしている。ドイツのブンデスリーガやイングランドなど、多くの選手が海外でプレーしている。日本は海外組を中心に多彩で活力があり、変革も厭わない非常に恐ろしいチームだ」

 記事では、本田や岡崎、MF香川真司(ドルトムント)の“ビッグ3”のほか、キャプテンのMF長谷部誠(フランクフルト)やDF吉田麻也(サウサンプトン)と経験のある「スターキャストがいる」と分析。一方で、FW浅野拓磨(シュツットガルト)、FW武藤嘉紀(マインツ)、FW大迫勇也(ケルン)、FW宇佐美貴史、FW原口元気(ともにデュッセルドルフ)の名前を出して「若い才能を融合させてより強固なチームを形成しなければならない」と課題を挙げた。

page1 page2

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング