“新生日本代表”に海外紙注目 「先発11人」大胆予想…課題は「若い才能の融合」

ベトナム紙の「Thanh Nienh」が予想した日本代表予想ラインナップ【画像:Football ZONE web】
ベトナム紙の「Thanh Nienh」が予想した日本代表予想ラインナップ【画像:Football ZONE web】

「本田はベッカムのようなキックを持っている」

 チームの“スター”として、岡崎と本田の二名をピックアップ。「オカザキは日本で最も人気のある選手の一人。残念ながらレスターでは2015-16シーズンの奇跡の優勝以来、重要度は落ちているが、代表で111試合50ゴールを記録しているストライカーだ。ホンダはアジアで最高のミッドフィールダーで、イングランドのベッカムのようなキックを持っている。彼の経験は依然として日本に役立っている」。本田については元イングランド代表MFデビッド・ベッカムを引き合いに出して、キック精度の高さを称えている。

「アキラ・ニシノは少なくともベスト8の目標を掲げなければならない」

 記事では、ベスト16の壁を乗り越え、過去最高の目標を掲げるべきだとしている。W杯登録メンバーの提出前に戦える試合は5月30日のガーナ戦のみ。果たして、翌31日に発表予定のメンバー23人にはどんな顔ぶれが名を連ね、どのような戦いを本大会で見せるのか。監督の電撃交代に踏み切った今大会は、海外でも注目を集めているようだ。

(Football ZONE web編集部)

page1 page2

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング