「男前やろ」長友佑都が自負! 世界で話題のセクシーポーズ反響「ドヤ顔半端ない」

長友が見せた独特のポーズが反響を呼んでいる【写真:Getty Images】
長友が見せた独特のポーズが反響を呼んでいる【写真:Getty Images】

試合翌日に長友がSNSに動画を投稿、その独特なポーズにトルコメディアも注目

 トルコ1部ガラタサライの日本代表DF長友佑都は、29日のリーグ第31節ベシクタシュ戦に先発出場すると、1アシストで2-0勝利に貢献した。試合翌日に自身の公式ツイッターを更新。世界中で話題となっているセクシーポーズをコピーした動画を投稿し、現地メディアからも注目を集めている。

 首位ガラタサライ(勝ち点63)と3位ベシクタシュ(勝ち点62)の上位直接対決で左サイドバックとして先発した長友は、前半22分に左サイドから駆け上がってエリア内からラストパス。そのボールにMFフェルナンドが合わせて先制に成功した。後半19分にも追加点を奪ったガラタサライが2-0と完勝し、首位の座を堅守した。

 1アシストの長友は試合翌日に公式ツイッターを更新すると、1本の動画を公開している。晴天の下でバーベキューを行ったのか、肉を焼いているところから動画がスタート。サングラス姿の長友が登場すると、何やら右手を器用に折り曲げる不思議なポーズを取り、肉に塩を振りかけ始めた。一通り終わると、遠くを見つめるような仕草でその場から去ろうとして動画は終わっている。

 長友は「塩のかけかた男前やろTurkish style(トルコスタイル)」と自らアピールした。長友が見せた独特のポーズは、世界中で話題となっているトルコ人シェフのモノマネだ。「ソルトベイ」(塩振りおじさん)の愛称で親しまれるヌスレット・ギョクチェさんは、“セクシーすぎる塩振りポーズ”で世界的な人気を得ている。

【PR】世界中の珠玉のプレーが今ここに。ヨーロッパサッカー見るならDAZN!無料登録はこちら

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング