ポグバ争奪戦に進展 マンCが3倍の年俸提示で一歩リードか

争奪戦に先手

 マンチェスター・シティが、ユベントスのMFポール・ポグバ獲得に向け、移籍金4500万ポンド(約85億円)に加えて高額な年俸を準備していると、英大衆紙「ザ・サン」が報じている。
 セリエA最高のスターであるポグバには、いくつものメガクラブが獲得に乗り出している。その移籍金は130億を超えると伝えられてきた。
 今季無冠に終わったマンCは、来季に向けて大型補強に踏み切るといわれている。補強ポイントのボランチに、世界最高峰のフランス人MFを迎え入れる方針にあるという。
 マンCの首脳陣は先週、既にポグバの代理人と接触したと報じられ、具体的な交渉も行ったも ようだ。クラブには、移籍金約85億円の条件を提示したといわれる。相場とされる価格を下回った金額となったが、驚くべきはポグバ本人への条件だ。
 現在ポグバがユーベから受け取っている年俸は364万ポンド(約6億9000万円)。だが、マンCは3倍近くの年俸1040万ポンド(約19億7000万円)を提示したという。
 レアル・マドリード、バルセロナ、チェルシー、マンチェスター・ユナイテッド、パリ・サンジェルマンなどが争奪戦を繰り広げる。そのライバルに差をつけるべく、昨季プレミア王者は大胆な先手を打ったようだ。
【了】
サッカーマガジンゾーンウェブ編集部●文 text by Soccer Magazine ZONE web
ゲッティイメージズ●写真 photo by Getty Images

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング