元日本代表MF石川直宏、J公式で「マイベスト11」発表 「速すぎ」と称えた相手は?

「シュートが入らない」元FC東京GK土肥、DFには元日本代表戦士を3人選出

 昨季限りで現役を引退したJ1・FC東京の元日本代表MF石川直宏が、昨年のJリーグにおけるベストイレブンをカテゴリーに関係なく選出した。Jリーグ公式YouTubeチャンネルでその様子を公開しているが、FC東京の顔として戦ってきたバンディエラ(旗頭)は、心に残るメンバーにどのような顔ぶれが並んだのか。

杉本健勇編  中村俊輔編  井手口陽介編

中村憲剛編  カミンスキー編  レオ・シルバ編

C大阪ユン・ジョンファン監督編

 GKに選んだのは、チームメイトとしてプレーしたこともある土肥洋一(現レノファ山口GKコーチ)だった。「一緒にプレーしていても頼もしかったんですけど、まずシュートが入らないという単純な理由です」と、セービング能力の高さを理由に挙げている。

 右サイドバックは「スタミナと労を惜しまない運動量」(石川)の元日本代表DF加地亮(昨季限りで現役引退)を選出。センターバックには横浜F・マリノスの元日本代表DF中澤佑二と、同じ1981年生まれである京都サンガF.C.の元日本代表DF田中マルクス闘莉王を配し、それぞれ「(中澤は)間合いと落ち着き。シュートを打つ角度がどんどんなくなる」「(闘莉王は)主に浦和レッズ時代によく対戦して、一番嫌だったのはフィードが非常に優れていること」と語っている。

 また左サイドバックにはサンフレッチェ広島などでプレーしたDF服部公太を選び、「ウイングバックの方が良いかもしれないけど、見てないところで走り始める駆け引き」を評価した。

 中盤は3枚で、1人目はガンバ大阪の日本代表MF今野泰幸を「ボールに寄せに行く迫力と距離感。奪ってからのフィードと持ち上がってゴールまで持っていける力」と称賛。そしてジュビロ磐田の元日本代表MF中村俊輔を2人目に選び、デビュー時の横浜ではチームメイトだった先輩レフティーに思い入れたっぷりのコメントを残した。

ランキング