豪州女子代表、なでしこ戦後に死海満喫 “全身泥パック姿”に反響「素敵だ」「最高」

(左)オーストラリア女子代表のMFクロエ・ロガーゾ【写真:Getty Images】
(左)オーストラリア女子代表のMFクロエ・ロガーゾ【写真:Getty Images】

なでしこ戦翌日にヨルダンの観光地・死海でリラックスする姿を公開

 オーストラリア女子代表は、13日に女子アジアカップのグループリーグ最終戦でなでしこジャパン(日本女子代表)と1-1で引き分け、オーストラリアがB組1位、日本がB組2位で2019年女子ワールドカップ(W杯)出場権を獲得した。激闘の翌日はリカバリー日となり、オーストラリア代表の女子選手たちは大会が行われているヨルダンの観光地・死海でリラックス。全身泥パックの動画や写真を各選手がアップして反響を呼んでいる。

【PR】DAZNでサッカーを楽しもう!初月の無料期間でまずは体験!

 W杯出場を懸けた一戦で先制点を奪ったのは日本だった。後半18分、MF長谷川唯(日テレ・ベレーザ)が相手の背後を取って抜け出すと中央へラストパス。ここに走り込んだMF阪口夢穂(日テレ)が蹴り込み、先制ゴールを奪った。だがオーストラリアも後半41分、サイドからゴール前にボールを入れると、FWサマンサ・カーが押し込んで同点弾。終盤は互いにリスクを負わず、そのまま1-1で試合を終えた。

 B組はオーストラリア、日本、韓国が1勝2分の勝ち点5で並んだが、3チーム間の当該対戦成績でオーストラリアが1位、日本が2位となりW杯出場権獲得した(韓国は5位決定戦へ)。W杯出場という目標を達成したオーストラリアは17日にタイとの準決勝を控えるなか、日本戦翌日に観光地の死海で束の間の休養を楽しんだようだ。

【PR】世界中の珠玉のプレーが今ここに。ヨーロッパサッカー見るならDAZN!無料登録はこちら

トレンド

ランキング