C・ロナウドは「並外れていた」 クラウチが初対戦時に感じた“想定外の衝撃”を告白

クラウチがロナウドとの初対戦時に感じた“想定外の衝撃”を告白【写真:Getty Images】
クラウチがロナウドとの初対戦時に感じた“想定外の衝撃”を告白【写真:Getty Images】

2003年にU-21代表で対戦 当時は「誰もロナウドのことは話していなかった」

 レアル・マドリードのポルトガル代表FWクリスティアーノ・ロナウドは、自他ともに認める世界最高のフットボーラーの一人だ。これまでスポルティング・リスボン、マンチェスター・ユナイテッドと名門クラブを渡り歩いてきた。

【PR】今なら初月無料登録実施中のDAZNが、来季からCL・ELも放送することをご存知ですか?

 ドリブラーとして名を馳せた若かりし頃から、現在はゴールゲッターへとプレースタイルは変わったものの、当時からそのインパクトは絶大だったようだ。かつてU-21時代にロナウドと初対戦した元イングランド代表FWピーター・クラウチ(ストーク・シティ)は、英紙「デイリー・ミラー」のコラムでロナウドの衝撃を語っている。

「僕らは素晴らしいチームだったよ。ギャレス・バリー、ジョー・コール、マイケル・キャリック、そしてジャーメイン・デフォーが先発していた」

 クラウチは2003年3月に、U-21イングランド代表としてU-21ポルトガル代表と対戦した時のことを回想。その時、対戦相手にはその夏にマンチェスター・ユナイテッドへ移籍するロナウドもいた。しかし、その時はまだ誰もロナウドに注目していなかったという。

「試合前にロナウドについての会話はなかったよ。僕らはリカルド・クアレスマのことばかり心配していたんだ。誰もロナウドのことは話していなかった」

世界中の珠玉のプレーが今ここに。ヨーロッパサッカー見るならDAZN!無料登録はこちら

page1 page2

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング