浦和暫定監督、会見で「ナイショ」発言2連発 「アドバンテージがあるとしたら…」

浦和レッズの大槻暫定監督【写真:Football ZONE web】
浦和レッズの大槻暫定監督【写真:Football ZONE web】

大槻暫定監督はルヴァン杯広島戦へ2日間の練習を実施「できることは限られている」

 浦和レッズは2日に堀孝史監督との契約を解除し、大槻毅育成ダイレクターを暫定監督に昇格させた。準備期間わずか2日で4日のルヴァンカップ・グループステージ第3節のサンフレッチェ広島に臨むが、指揮官は試合前日会見で「ナイショ」という言葉を2回に渡って用いた。

【PR】試合当日に密着したDAZN×名古屋グランパスのドキュメンタリー番組『The Locker Room』配信中!

 大槻監督は「昨日からトレーニングをして、すぐに試合。できることは限られている」と言及。与えられた時間は、1日に敵地でジュビロ磐田に敗れたリーグ第5節から中2日。当然、磐田戦に長い時間出場した選手たちは疲労回復が優先順位として高く、何時間もかけてトレーニングというわけにはいかない。

 そうしたなかでは、現状のチームの不具合を改善するにも、全ては不可能だ。重点的に改善したいところはどこかという問いに対し、大槻監督は「そういうところをトレーニングしたんですが、明日が試合なのでナイショで」と、明かさなかった。

 また、その日程を加味したターンオーバーを実施するのかという点についても「せっかく非公開にしたので、ナイショにしたいと思います。今、僕たちのアドバンテージがあるとしたら、監督が代わったそこしかないと思いますので」とコメント。相手にとって予想が難しい状況を最大限に生かしたいと話した。

世界中の珠玉のプレーが今ここに。ヨーロッパサッカー見るならDAZN!無料登録はこちら

page1 page2

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング