貴公子が切り開いた道 英メディア特集「ベッカム以降にMLSへ渡った選手ベスト5」

2007年、MLSのLAギャラクシーに加入したベッカム【写真:Getty Images】
2007年、MLSのLAギャラクシーに加入したベッカム【写真:Getty Images】

イブラヒモビッチ移籍でMLSに再注目 シュバインシュタイガーはシカゴで活躍

 マンチェスター・ユナイテッドと契約を解除した元スウェーデン代表FWズラタン・イブラヒモビッチは、MLS(メジャーリーグサッカー)のロサンゼルス・ギャラクシー加入が決定。欧州トップリーグで活躍したベテラン選手の移籍先として一つのトレンドとなっているアメリカにまた一人新たなスターが参戦する。

 英メディア「Sportskeeda」は、ビッグネームの米移籍の流れに注目。2007年にLAギャラクシーでプレーした元イングランド代表MFデイビッド・ベッカム氏の存在が大きな契機となったことに触れつつ、“ベッカム後”にMLSへ渡ったベストプレーヤー5人を紹介している。

 一人目はシカゴ・ファイアーの元ドイツ代表MFバスティアン・シュバインシュタイガーだ。2014年ブラジル・ワールドカップ(W杯)の優勝メンバーでもある司令塔は、33歳となった現在もMLSを舞台に活躍している。

 続いては元イングランド代表MFスティーブン・ジェラード氏。同胞ベッカム氏と同じLAギャラクシーで2015年から16年までプレーした。アカデミーからリバプール一筋を貫いていたレジェンドだが、現役最後の舞台にMLSを選んだ。

世界中の珠玉のプレーが今ここに。ヨーロッパサッカー見るならDAZN!無料登録はこちら

page1 page2

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング