浦和Lを進化させる存在 新加入MF佐々木繭の「ボランチ起用」に見る新たな可能性

浦和Lを進化させる新戦力のMF佐々木繭【写真:Football ZONE web】
浦和Lを進化させる新戦力のMF佐々木繭【写真:Football ZONE web】

開幕戦は猶本とダブルボランチを形成 同僚も称賛「本当にプレーが安定している」

 なでしこリーグ(日本女子サッカーリーグ)1部の浦和レッズレディースは、21日のノジマステラ神奈川相模原戦に2-0で勝利し、開幕白星スタートを飾った。試合後、石原孝尚監督の頬をほころばせたのは、ボランチ起用した新戦力のMF佐々木繭だった。

【PR】プレー集やゴールショー、国内外サッカーのトレンドを『DAZN』で確認しよう!

「今年、佐々木繭が入って守備が安定している」

 4-4-2システムでノジマステラ戦に挑んだ浦和Lは、ダブルボランチにMF猶本光と佐々木を配置。状況判断に優れ、マイナビベガルタ仙台レディース時代にはサイドバックもこなしたユーティリティープレーヤーがアンカー気味に構えることで、コンビを組んだ猶本はインサイドハーフの位置、左サイドのMF吉良知夏も2トップに近い位置でプレーしていた。選手たちのなかにも、“前に出ても大丈夫”という安心感があるようだ。

 前半16分に先制点を挙げた吉良は、「(佐々木は)新加入の選手ですけど、即戦力というかチームに馴染んでいますね。本当にプレーが安定していて、一緒にやっていて信頼できるプレーヤー。作りの部分、前を向いて裏にボールを出すところも見てくれているのでやりやすいです」と証言。猶本が「距離感が良かった」と振り返ったのも、“佐々木効果”と言っていいだろう。

page1 page2

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング