J3開幕戦で劇的ゴラッソ! バックヒール“浮き球スルーパス”に「うますぎ」と感嘆の声

今年で創設5年目を迎えたJ3リーグの2018シーズンが、9日に開幕した。全17チームが参戦し各節8試合が行われるなか、第1節で唯一の金曜開催としてY.S.C.C.横浜とSC相模原が激突。白熱の攻防の末に、試合終了間際に華麗なゴラッソが生まれた。

相模原FWジョン・ガブリエルが、絶妙な“浮き球スルーパス”でアシストを記録【写真:Getty Images】
相模原FWジョン・ガブリエルが、絶妙な“浮き球スルーパス”でアシストを記録【写真:Getty Images】

後半ATに相模原FWジョン・ガブリエルの閃きからFWチッキーニョが同点弾

 今年で創設5年目を迎えたJ3リーグの2018シーズンが、9日に開幕した。全17チームが参戦し各節8試合が行われるなか、第1節で唯一の金曜開催としてY.S.C.C.横浜とSC相模原が激突。白熱の攻防の末に、試合終了間際に華麗なゴラッソが生まれた。

マリノス大津&山中コンビをレベルアップさせたレイソル若手コンビ秘策のリフティングチャレンジとは?

 ニッパツ三ツ沢球技場で行われた試合は観衆1141人と、スタンドは少々寂しいものとなったが、0-0で迎えた後半はスリリングな展開となった。後半5分に相模原がMF北井佑季のゴールで先制すると、YS横浜が同28分にFW大泉和也、同33分にDF西山雄介が決めて逆転に成功する。

 このままホームチームが開幕戦勝利を飾るかと思われた後半アディショナルタイム3分、相模原が鮮やかな連携から同点ゴールを決めた。自陣左サイドからMFサムエル・アウベスが右足アウトサイドキックで前線へフィード。このボールを競り合いながらDF梅井大輝がヘディングで中央に落とすと、そこにFWジョン・ガブリエルが走り込んだ。ここで身長193センチのブラジル人FWは、ゴールに背を向けた状態で右足バックヒールでのダイレクトパスを選択。絶妙な“浮き球スルーパス”となって相手最終ラインの背後を突くと、走り込んだ新加入のブラジル人FWチッキーニョが右足を振り抜き、ゴール左隅に豪快な同点ゴールを叩き込んだ。

 この華麗な一撃の動画をJリーグ公式YouTubeチャンネルが公開すると、コメント欄には「落としうますぎ」「流れが素晴らしい」など、チーム全体で奪った劇的な同点ゴールを称える声が寄せられた。元日本代表GK川口能活もフル出場を果たしたなか、相模原は期待のブラジル人助っ人が輝きを放ち、土壇場で勝ち点1を手繰り寄せた。

あなたのスマホで見られる数々の熱戦、Jリーグ見るならDAZN!無料登録はこちら

page1 page2

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング