長友佑都、ガラタサライ完全移籍に向けた交渉は4月に本格化か 伊メディアが報道

インテルからガラタサライへ期限付き移籍している日本代表DF長友佑都について、両クラブが完全移籍への話し合いを進める可能性が高まっているという。イタリアのサッカー専門サイト「トゥットメルカートウェブ・コム」は、交渉が本格化する適切な時期について特集している。

移籍金は5億円超から6億5000万円と想定

 それに加えて、インテルの来季日程が欧州カップ戦を含むものになるのかどうかも、長友の去就と補強戦略に影響を与えるという。そのため、現時点で交渉を本格化させるのは時期尚早であるとした。

 現状、インテルとの契約が2019年6月までで、今季終了時点で残り1年となる長友の移籍金は400万ユーロ(約5億2000万円)から500万ユーロ(約6億5000万円)の間になるだろうとしている。来月にも本格化するとされる交渉の行方に、注目が集まることになりそうだ。

(Football ZONE web編集部)

page1 page2

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング