長友佑都、ガラタサライ完全移籍に向けた交渉は4月に本格化か 伊メディアが報道

インテルからガラタサライへ期限付き移籍している日本代表DF長友佑都について、両クラブが完全移籍への話し合いを進める可能性が高まっているという。イタリアのサッカー専門サイト「トゥットメルカートウェブ・コム」は、交渉が本格化する適切な時期について特集している。

長友佑都、ガラタサライ完全移籍に向けた交渉は4月に本格化か【写真:Getty Images】
長友佑都、ガラタサライ完全移籍に向けた交渉は4月に本格化か【写真:Getty Images】

1月に移籍しテリム監督の信頼獲得、完全移籍にはインテルとの間で合意が必要

 インテルからガラタサライへ期限付き移籍している日本代表DF長友佑都について、両クラブが完全移籍への話し合いを進める可能性が高まっているという。イタリアのサッカー専門サイト「トゥットメルカートウェブ・コム」は、交渉が本格化する適切な時期について特集している。

 長友は1月の移籍市場でトルコの名門に渡り、すでにチームの中心的な選手としての地位を確立している。ガラタサライのファティフ・テリム監督は長友の残留を望んでいるが、出場試合数などで自動的に買い取りが義務化されるオプションなどは付帯されておらず、完全移籍にはガラタサライとインテルの間での合意が必要になる。

 記事では「交渉するのに適切な時期は、4月だ」として、来月にも両クラブの交渉が本格化するとされている。その理由が、ガラタサライの成績によってインテルに支払われるボーナスが設定されているからだとした。

 長友のレンタル契約では、ガラタサライがリーグ優勝すれば20万ユーロ(約2600万円)、UEFAチャンピオンズリーグ出場権獲得で10万ユーロ(約1300万円)のボーナスがインテルに支払われるという。その動向が見えてから、両クラブはその金額を含めた完全移籍への交渉を行うとの見通しを報じた。

世界中の珠玉のプレーが今ここに。ヨーロッパサッカー見るならDAZN!無料登録はこちら

page1 page2

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング