「豪快タックル、ごめん」 杉本が謝罪、清武と“男前2ショット”反響「やっちまったな大賞や」

川崎戦の後半、清武と杉本が激突 清武はピッチ外に運ばれ交代となり会場は一時騒然

 昨季の天皇杯王者セレッソ大阪は、10日に行われたゼロックス・スーパーカップ2018でJ1リーグ王者の川崎フロンターレに3-2で勝利し、大会初出場で初タイトルを手にした。後半途中、MF清武弘嗣とFW杉本健勇の日本代表コンビが激突し、清武が負傷交代するアクシデントが発生。試合後、杉本は自身の公式インスタグラムで清武に謝罪しつつ、2ショット写真を投稿してファンを安心させている。

 C大阪は前半にMF山口蛍のゴールで先制すると、後半3分には杉本の好アシストから清武が追加点をマークした。だが後半16分に思わぬ出来事がピッチ上で起きてしまう。MF水沼宏太からのサイドチェンジを受けた清武はタメを作り、外側を回り込んだ杉本への縦パスを狙おうとした。

 ところが、杉本は走るコース取りを失敗し、パスの出し手である清武に衝突。二人はそのままピッチに倒れ込み、杉本は立ち上がったものの、清武はピッチ外に運び出され、FW高木俊幸と交代を余儀なくされた。

 会場が騒然とする事態となったが、大事には至らなかったようだ。杉本は試合日の夜に自身の公式インスタグラムを更新し、「今日も応援ありがとうございました!勝てて良かったです!またすぐにACLがあるので皆で良い準備をしたいと思います!」と、まずはファンに向けてメッセージを発信した。

 

page1 page2 page3

トレンド

ランキング