傷心マフレズにさらなる追い打ち? “100億円オファー”失敗のマンCが完全撤退か

英紙が報道、マフレズはレスターへの不信感で練習欠席中

 今冬の移籍市場でマンチェスター・シティへの移籍が破談に終わったレスター・シティのアルジェリア代表MFリヤド・マフレズに、シティは再オファーを送らない方針だという。英紙「デイリー・ミラー」が報じている。

 1月31日の移籍市場最終日、シティはレスターに対して「移籍金6500万ポンド(約100億円)+選手」という好条件のオファーを投じたが、レスターは9500万ポンド(約148億円)という法外な金額を要求したため、潤沢な資金を持つシティもさすがに撤退していた。

 その当日、英衛星放送「スカイ・スポーツ」は、このシティのオファーを「最終オファーだ」と報じていたが、その言葉は現実になる模様だ。来季に向けた夏の移籍市場で、シティはマフレズ獲得へのオファーを出さない方針を固めたという。

 マフレズは移籍が破談に終わったことへのショックとレスターへの不信感で、練習欠席が続く。英メディアで“音信不通”と報じられる状態で、労働組合が仲裁に乗り出す可能性も指摘されている。傷心のマフレズに追い打ちをかけるようなシティの撤退報道は、左足の“魔術師”のモチベーションを限界まで下げてしまうかもしれない。

【了】

フットボールゾーンウェブ編集部●文 text by Football ZONE web

ゲッティイメージズ●写真 photo by Getty Images

トレンド

ランキング