マンC移籍破談後、練習拒否のマフレズ 「頭を整理して…」とレスター監督は帰還願う

ピュエル監督が姿を見せないマフレズに呼びかけ 「大事なことは…」

 レスターのアルジェリア代表MFリヤド・マフレズは、今冬の移籍市場でマンチェスター・シティへの移籍リクエストをクラブ側に出したものの、レスターが拒否。チーム残留となったことに失望を隠せず練習を欠席している。レスターは10日に、そのシティとの対戦を控えているが、クロード・ピュエル監督は「マフレズには頭を整理して戻ってきてほしい」と戦線復帰を願っている。英公共放送「BBC」が報じた。

 マフレズはこれまでの移籍市場でもアーセナルなどビッグクラブの興味が噂されていたが、移籍は叶わないまま。今回もシティは移籍金6000万ポンド(約91億円)で獲得に向かおうとしたが、レスター側が設定した移籍金は9500万ポンド(約144億円)とあまりにかけ離れていたため、ジョゼップ・グアルディオラ監督率いるチームも獲得をあきらめた。

 この結果マフレズは、レスターの練習を欠席するなどチームへの忠誠心を著しく低下させている。これまでの公式戦で127試合出場35得点24アシストとレスターの攻撃を促進していた存在だけに、ピュエル監督としても頭の痛いところのようだ。会見で「大事なことは、ひとまず前を向くことだと思う」と、マフレズに向けて語りかけるかのようにこう続けた。

 

page1 page2

トレンド

ランキング