バイエルンで復活遂げるMFハメス 燻っていた異才獲得に監督感謝「思いがけない幸運」

昨夏バイエルン加入後は4得点7アシストと活躍、ハインケス監督がハメスについて言及

 コロンビア代表MFハメス・ロドリゲスは、昨夏にスペインの名門レアル・マドリードから2年間の期限付き移籍でドイツの名門バイエルン・ミュンヘンに加入した。“白い巨人”で燻っていた異才の獲得は「思いがけない幸運」だったと、バイエルン・ミュンヘンを率いるユップ・ハインケス監督が語っている。スペイン紙「アス」が報じた。

 レアルを率いるジネディーヌ・ジダン監督の下では序列が低く、十分な出場機会を手にできなかったハメス。昨季、レアルはUEFAチャンピオンズリーグ(CL)で史上初の2連覇を果たしたが、ハメスは決勝でメンバー外となる屈辱を味わった。

 心機一転でバイエルンへ加入した今季、開幕直後は怪我で出遅れたものの、選手層の厚いバイエルンで公式戦22試合4得点7アシストを記録。正確無比な左足のキックで多くのチャンスを生み出し、自らもゴールを決めている。

 世界屈指のレフティーの加入を喜んでいるのは、今季途中からバイエルンの指揮を執るハインケス監督だ。DFBポカール8強のパダーボルン戦前の記者会見で、レアルで不遇の時期を過ごしたハメスについて言及している。

 

page1 page2

トレンド

ランキング