2ゴール演出の本田圭佑、アシストの“通算ランキング化”提唱 「先ずはJリーグで!!」

2アシストを記録したロボス戦後にツイッターを更新 「ファンだって知りたい数字」

 パチューカのFW本田圭佑が20日のリーガMX第3節のロボスBUAP戦に先発出場し、2アシストで3-1の勝利に貢献した。試合後には自身のツイッターで「サッカーのアシストを通算化してランキングにするのはどうか」と“提案”。「先ずはJリーグで!!」と持論を展開している。


DAZNの画質がクリアーに!生だけでなく、見逃し配信も各試合お楽しみに!!

 メキシコは今月から後期リーグが開幕。パチューカは開幕2試合で1分1敗と低調なスタートになったが、1得点1アシストと好調を維持していた本田は、この日もチャンスメイクで力を発揮した。

 前半9分、左サイドからのコーナーキックでキッカーを任された本田が左足で浮き球のクロスを送ると、チリ代表FWアンジェロ・サガルが合わせて先制。さらに1点を加えて迎えた同39分には、ゴール正面から左足のダイレクトパスを前方へ供給し、ペナルティーエリア内へ抜け出したFWエリック・アギーレがGKをかわしてゴールを奪った。

 2アシストを記録して後期リーグ初勝利に貢献した本田は、試合後に自身のツイッターを更新。アシストについて自身の考えを綴った。

「サッカーのアシストを通算化してランキングにするのはどうか。もっと多くの選手が評価される機会が増えるようになるし、ファンだって知りたい数字なんじゃないかな。先ずはJリーグで!!」(原文ママ)

 

page1 page2

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング