本田圭佑、“修学論”で「偉そうに振る舞い馬鹿にする人」に言及 現役Jリーガーも反応

本田が学ぶ姿勢の大切さについて持論を展開…ファンともツイッター上でやり取り

 パチューカのFW本田圭佑が17日に自身の公式ツイッターを更新し、子供の頃のように学ぶ姿勢の大切さについて持論を説いた。ファンともやり取りしている一方、現役Jリーガーたちも反応するなど反響を呼んでいる。

 本田は13日に行われたメキシコ後期リーグ戦第2節クラブ・アメリカ戦(2-2)で1アシストを含め全2得点に絡む活躍を見せた。試合後にはディエゴ・アロンソ監督も能力を高く評価しており、存在感をますます強めている。

 そんななか、本田は自身のツイッターを更新すると、「知ってるということを偉そうに振る舞い人をバカにする人は大抵大したことない」と言及。さらに「そういう人に限って一流を知らず井の中の蛙がほとんど。知らなけりゃ学べばいい。子供の頃のように。何も恥ずかしくない」と記し、年齢に関係なく学ぶ姿勢について持論を展開した。

 ファンから「井の中の蛙でいないための方法」と問われると、真摯に対応する本田は「どんなに成功しても謙虚に常に挑戦し続ける人のことを僕は一流と思ってます」と回答。さらに「なぜそんなに考えが豊富なのか?」との質問には、「めっちゃ失敗してるから。失敗したくてしてるわけではないんですけどね。笑」とフランクに明かしている。



 

page1 page2 page3

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング