フローニンゲン堂安が途中出場で今季3点目 観客喝采、海外メディア「鋭いシュート」

後半32分から出場した堂安、得意のドリブル突破から左足シュートで4戦ぶりのゴール

 オランダ1部フローニンゲンのMF堂安律が24日のリーグ第18節スパルタ・ロッテルダム戦で後半32分から途中出場し、試合終了間際に得意のドリブル突破から左足のシュートで今季3得点目を決めた。チームは4-0で快勝し、4試合ぶりの白星を手にしている。

 クリスマス・イブに行われたゲームで19歳の日本人レフティーが見せた。途中出場でピッチに立った堂安は、3-0で迎えた後半45分に右サイドでパスを受けてドリブルを開始。DF二人の間をするりとくぐり抜けて突破すると、右サイドの味方へ展開する。そのままゴール前に走り込むと、MFウリエル・アントゥナのシュートがブロックされたこぼれ球を左足で蹴り込んだ。

 堂安にとっては2日のADOデン・ハーグ戦(3-0)戦以来4試合ぶりの得点で、リーグ戦3得点目となった。衛星放送「FOXスポーツ」オランダ版も「途中出場のリツ・ドウアンが鋭いシュートを決めた」と速報。そして、スタジアムDJが「リツ・ドウアン」の名前をコールすると観客も一気に沸き上がった。

 2試合ぶりに出番で結果を残した堂安。レギュラーポジション確保に向けて確かなアピールに成功した。

【了】

フットボールゾーンウェブ編集部●文 text by Football ZONE web

ゲッティイメージズ●写真 photo by Getty Images

トレンド

ランキング