「僕のアイドル!」 現役Jリーガー、引退表明カカとの貴重な2ショット写真を公開

G大阪のFWアデミウソン、2014年に“ブラジルの貴公子”カカと共演

 元ブラジル代表MFカカが自身のツイッターなどで今季限りでの引退を決断した。ロナウジーニョ、ロナウド、アドリアーノとともに“魔法のカルテット”を形成し、代表として92試合29得点と活躍したが、35歳でスパイクを脱ぐことになった。この一報を受けてあるJリーガーが反応し、「僕のアイドル」というカカとの貴重な2ショット写真を掲載している。

 端正なマスクで“ブラジルの貴公子”と称されたカカは、2001年に母国サンパウロでトップチーム出場を飾ると、すぐさま台頭。03-04シーズンからイタリアの名門ミランにステップアップを果たし、さらに09-10シーズンからレアル・マドリードへ移籍した。スペインで4シーズンにわたってプレーし、以降は古巣のミランとサンパウロを渡り歩き、最後はアメリカのオーランド・シティに在籍。07年にフランス誌「フランス・フットボール」選定の最優秀選手賞「バロンドール」を受賞するなど、輝かしいキャリアを歩んできた。

 ブラジルの歴史に名を刻む男と共闘した現役Jリーガーこそ、現在J1ガンバ大阪で活躍するエースFWアデミウソンだ。

 23歳のブラジル人アタッカーは、12年から15年までサンパウロに所属し、15年にJ1横浜F・マリノスへ移籍。16年からG大阪でプレーしている。U-17ブラジル代表など年代別代表で10番を背負ったアデミウソンは若くして頭角を現した逸材で、14年にカカと共演を果たしていた。

 

page1 page2 page3

トレンド

ランキング