ハリルJ、“大津高トリオ”で最終ライン形成? 鹿島DFが先輩と共闘&代表初出場に意欲

車屋、谷口とともに植田も選出 代表初出場へ「今回はすごいチャンスがある」と気合十分

 J1鹿島アントラーズの日本代表DF植田直通は、9日のE-1選手権初戦・北朝鮮戦に向けてトレーニングを終えると、代表デビューに加えて熊本県大津高校出身者によるバックライン形成に意欲を見せた。

 植田はハビエル・アギーレ監督の指揮下で臨んだ2015年アジアカップで初招集されて以来、バヒド・ハリルホジッチ監督にも継続的に代表招集を受けてきた。しかしベンチで戦況を見守るだけの試合が続き、いまだにA代表デビューは果たせていない。

 今回、海外組とクラブワールドカップに参加するDF槙野智章ら浦和勢が不在とあって、大きなチャンスを迎えている。「今回はすごいチャンスがあると思うし、チャンスが来た時にはしっかり準備しておきたい」と気合十分だ。

 それと同時に、植田にとって今回の代表戦は感慨深いものになる可能性がある。熊本県大津高校出身の植田は、同校の2歳上の先輩であるDF車屋紳太郎(川崎)、3歳上の先輩であるDF谷口彰悟(川崎)と同時招集になった。同じ高校の出身者3人が最終ラインに並ぶ“大津高ライン”の形成もあり得る状況だ。

 三人の中で年齢的には一番下の植田だが、キャリアという意味では最も先輩にあたる。谷口と車屋は筑波大学を経由してプロ入りしたため、高卒で鹿島に入団した植田が最も早くプロ選手となった。日本代表の招集も、植田が最も早く、遅れること数カ月して谷口が招集され、車屋の初招集は今年に入ってからだ。

 

page1 page2

トレンド

ランキング