サッカー界に新風!? 戦術家サンパオリがアルゼンチン代表で“2バック布陣”採用

シンガポール戦で超攻撃的布陣を採用 「奇妙なフォーメーション」と各国メディア注目

 ホルヘ・サンパオリ新監督の下で再始動したアルゼンチン代表は、13日の国際親善試合でシンガポールと対戦し、6-0で圧勝した。試合前から話題となっていた2-3-5システムでゴールラッシュを呼び、英メディアなどで「奇妙なフォーメーション」と表現されるなど話題を呼んでいる。

 初陣となった9日のブラジル戦に1-0で勝利したサンパオリ監督は、豊富なタレントを試すべく、FIFAランキング157位のシンガポールを相手に超攻撃的システムを採用した。

 スターティングイレブンの顔ぶれはGKナウエル・グズマン、DFはCBタイプのエマヌエル・マンマナとフェデリコ・ファシオの二人。センターハーフにはルーカス・ビグリア、エドゥアルド・サルビオ、ロベルト・アクーナを並べ、さらにその前にFWアンヘル・ディ・マリア、パウロ・ディバラ、アレハンドロ・ゴメス、マヌエル・ランシーニを置き、最前線にFWホアキン・コレアという形を採った。

 英紙「デイリー・メール」は、「サンパオリの奇妙な2-3-5フォーメーション」と見出しを付けて報道。米スポーツ情報サイト「ブリーチャー・レポート」は2-3-4-1と表記するなど多少の差異はあれ、希少な2バックシステムは注目を集めた。

 

page1 page2

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング