韓国メディアがU-20ウルグアイ代表を批判 人種差別、乱闘騒動、取材拒否…「問題三冠王」と命名

レアルB所属のMFバルベルデが釣り目パフォーマンスで大ブーイング

 U-20ウルグアイ代表はU-20ワールドカップ(W杯)韓国大会3位決定戦でイタリアにPK戦の末に惜敗し、4位に終わった。グループリーグでは日本代表を2-0で撃破した南米予選の王者だが、韓国メディアでは「問題三冠王」と命名されるなど大きなバッシングを浴びた。地元紙「スポーツ韓国」が報じている。

 高度な個人技と強固なディフェンスで4位となったウルグアイだが、韓国では厳しい批判を受けている。

 レアル・マドリードBに所属するMFフェデリコ・バルベルデは、U-20W杯韓国大会で4得点の活躍を見せてシルバーシューズ賞(得点数2位)に輝いたが、大会中に両目の端を自分で引っ張る「釣り目パフォーマンス」を披露。韓国では「人種差別」という批判が集まり、授賞式では水原ワールドカップ競技場の観衆3万人から大ブーイングを受けていた。

 そして、地元メディアもウルグアイに対する激しいバッシングを展開している。「ウルグアイ、人種差別、ホテルでの格闘技、取材拒否で問題の三冠王」と特集したのはスポーツ韓国だった。

 最も激しく批判しているのは6月4日のポルトガル戦だった。レアル下部組織の期待の星バルベルデが同点弾となるPKを決めると「釣り目パフォーマンス」を披露。これに韓国メディアとサポーターは「人種差別だ」と反応している。

 

page1 page2

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング