札幌、サポーター1名の無期限入場禁止処分を発表 6月26日FC東京戦で暴力行為発生

(写真はイメージです)【写真:徳原隆元】
(写真はイメージです)【写真:徳原隆元】

クラブ公式リリースで発表

 J1北海道コンサドーレ札幌は7月5日、J1リーグ第20節・FC東京戦(@味の素スタジアム)にてサポーター1名による違反行為(暴力行為)が発生したことを報告。対象者に対して、無期限の入場禁止処分を下すと発表した。

【注目】白熱するJリーグ、一部の試合を無料ライブ配信! 簡単登録ですぐ視聴できる「DAZN Freemium」はここから

 本事象は6月26日に行われたアウェー戦で発生。「暴力行為を犯した当事者、被害者への事実確認を行い、暴力行為を犯した当事者に対してJリーグにて定める試合運営規定に照らし合わせ以下の処分を決定」と経緯を報告した。

 処分内容は「国内外を問わず、6/29(土)以降に行われる北海道コンサドーレ札幌が出場するすべての試合への無期限の入場禁止」と発表。クラブは「北海道コンサドーレ札幌サポーターの皆様には日頃から熱い応援に感謝するとともに、今後とも安全で快適なスタジアム観戦環境づくりを進めてまいります。観戦ルール・マナーを遵守していただきご観戦をいただきますよう、ご理解とご協力の程よろしくお願い致します」と呼び掛けている。

(FOOTBALL ZONE編集部)



page 1/1

今、あなたにオススメ

トレンド